MENU

ストレートネックと枕の関係

ストレートネックとは、首がまっすぐになった状態のことで正式な病名ではありません。
頚椎の生理的前湾角度が30度以下の首の状態のことをさします。

 

健康な状態を保っている人の首の前湾角度は30〜40度の範囲におさまっています。
ストレートネックが慢性化すると、肩こりや頭痛が発生することがあります。

 

早めに専門の治療院などに相談することが大切です。
ストレートネックの原因は、首から肩にかけての姿勢の悪さとも言われています。

 

正しい姿勢に戻すことが出来ればストレートネックも改善される可能性が高いともいえます。
実際にストレートネックを治す場合はを見直すことも有効です。

ストレートネックで肩こり、首こりや頭痛にお悩みの方は枕の見直しを

ストレートネックと枕との関係は軽視できません。
一日の多くの時間を占める睡眠時間を使えばストレートネックを解消することもできます。

 

そのためにはの種類や高さを調整する必要があります。
ストレートネック専用のも販売されています。

 

しかし快適なは個人差がありますので注意してください。
通常のを使用したときでもタオルをまるめたものを首の下に置く方法も有効です。

 

タオルであれば巻く回数を工夫することで高さも調節できます。
ストレートネックに悩んでいる人には、すぐに枕の高さの見直しをおすすめします。

 

タオルさえあれば簡単に出来ますので一度試してください。
不安な方は一度専門家に相談するのも良いと思います。

ストレートネックによる痛みの解消は枕を変えることが効果的

最近ストレートネックの人が増えています。
パソコン、スマホなどを使う時間が多い人はストレートネックになりやすいのです。

 

通常は後頭部に向かって首の骨はカーブしています。
しかしストレートネックは下を見続けることにより首の頸椎がまっすぐな状態になります。

 

正常であれば頸椎が湾曲していることで衝撃を吸収できます。
それが直線になることで衝撃が分散されず体への負担が大きくなります。

 

これにより頭痛、肩こり、首こり、腕が上がらないなどの症状を引き起こしやすくなります。
ストレートネック解消するためのポイントの一つとしてがあります。

 

高いを使用しているとストレートネックを悪化させる可能性があります。
高いにより頸椎の通常の後ろへのカーブを妨げてしまうからです。

バスタオルでストレートネックを解消できる?

そこで、を取り除き、丸めたタオルだけを使用する方法があります。
フェイスタオルのような小さめのタオルだと効果的な高さが作れないためバスタオルを使います。

 

横は肩幅ほどの幅になるようにクルクル丸めて首の下に入れるだけです。
輪ゴムや紐で固定すれば崩れる心配もないです。

 

始めは慣れていないため、この状態で眠ることがしんどかったり不快な場合もあります。
いつもと違う体勢のため、首や体に負担がかかっていることは確かです。

 

始めは無理せず、短時間昼寝などで試してみましょう。
慣れてきたら夜の睡眠時にも使ってみることをお勧めします。

 

自分にとって「心地より高さ」であることが大切です。
併せて首や体のストレッチを取り入れることも心がけると効果的でしょう。

ストレートネックにはタオルでの高さ調節をした枕が最適

ストレートネックを治すお手軽な方法として、
整体師が勧めているタオルで作ったが最適です。

 

身近にある物で作れ、高さと大きさが最適になるからです。
ちょうど首のくぼみに入る大きさと高さになり首の骨が頭の重みで牽引される状態になります。

 

そうなる事で頚椎が正常な湾曲に近づいていき改善方向に向かう為です。
作り方は至って簡単です。

ストレートネックを治す枕の作り方

用意するもの

バスタオル1枚(女性は薄めのタオルを推奨)

 

 縦に半分に折ります。

 

 さらに半分に折ります。

 

 巻きずしの様に丸く巻いていきます。

 

 両端を紐などで留めます。

 

仰向けで寝る時は、首のくぼみに入れて寝ます。
横向きで寝る時は、耳の下あたりに入れます。

 

最初は高さや大きさに違和感があると思いますので、
慣れるまでは毎日数分ずつ試すと良いそうです。
※寝るためのではありません。

 

最初から長時間やると首を痛めてしまう可能性もあり、
あくまでストレッチ的に用いる道具になります。

ストレートネックを治す枕の効果とは?

期待される効果としてましては、次のようになります。
肩こり、首こり、猫背、頭痛、耳鳴り、いびき、顔の浮腫み、無呼吸症候群、腰痛など。

 

ストレートネックが原因で腰痛いびきなどになっていた可能性もあるでしょう。
ストレートネック解消されればそのような症状は改善されるでしょう。

 

続けていくうちに首の骨が良く動くようになり症状も和らいでいった、花粉症・アレルギー性鼻炎が軽減したという報告もあります。
※効果には個人差があります。

ストレートネックの人が横向き寝をする為の枕について

最近悩んでいる人が多いのがストレートネックです。
これは頸椎の生理的前湾角度が30度以下になってしまうことを言います。

 

正常な人の首の前湾角度は約30度位とされています。
ストレートネックになってしまうと首回りや頭に痛みを感じる場合があります。

 

頭痛・肩こり・首こり・めまい・手のしびれ等の症状が発生する場合があります。
ストレートネックになってしまう原因には様々なものがあります。

 

最もストレートネックを引き起こしやすいのが日常の姿勢の悪さです。
慢性的なうつむき姿勢を取り続けることにより、首がまっすぐになりやすいのです。

横向き寝の人のためのストレートネック改善枕もある

うつむき姿勢を取り続けてしまう要因としてパソコンやスマートフォンの操作が挙げられます。
特にスマホの普及が大きな要因になっています。

 

ストレートネックの人は、寝る時に専用のを使用している人が多いです。
専用のの多くは横向きには寝辛いものとなっています。

 

しかし中には横向きに寝やすくなっているものも販売されています。
そのような枕を使用すれば、ストレートネックの人で横向きにしか寝られないといった人も、快適に眠ることが出来ます。

 

日本人の約45%は横向き寝で寝ていると言われています。
多くの日本人に合ったものとなっているのです。

 

種類によっては、低反発素材で出来ているものもあり寝心地の良さも良くなっています。

枕なしはストレートネックが悪化して逆効果

立っている人の首を横から見たとき、正しい姿勢の場合前に出た前弯カーブを描きます。
このカーブがスイカ一個分という頭の重さを支えるのに重要な役割を担っているのです。

 

ストレートネックと呼ばれる状態ではこのカーブはありません。
不自然な状態で頭を支えることになってしまいます。

 

これが続くと肩こり首こりといった症状につながります。
悪化し椎間板が飛び出してくると「頸椎椎間板ヘルニア」となります。

 

しかし睡眠中はストレートネック状態が負担が最も小さい姿勢となるのです。
この姿勢を睡眠中に自然にキープするにはを使うことが効果的でです。

 

枕なしではこのカーブがさらにきつくなります。
神経の圧迫される部位が出てきたり血液の循環が悪くなるためです。

枕なしではストレートネックが悪化する?

このためストレートネックや猫背に悩む人ほどきちんと体に合ったを使用すべきなのです。
「体に合う」とは一言でいうと「よい寝返りの打てる」です。

 

人は一晩に30回ほど寝返りを打ちます。
血液やリンパの循環を促したり体温調節のためであったり生命維持にとって大切な役割を持ちます。

 

この動きは頭からであったり頭と体がほぼ同時であったりします。
個人差はあるものの動かし始めが大切なことは共通しています。

 

そこがスムーズに行えるとよい寝返りが打つことができるのです。
よい寝返りを打つことで睡眠中の血液やリンパの循環が促され、適切な体温調節が行われるので良い睡眠につながるのです。

「ストレートネックと枕の関係|ストレートネックの原因・症状・対策」関連情報